(ここから本文。本文を飛ばしてサイト全体の目次へ)

水上浩一地域活性化プロジェクト「水上浩一EC実践会」 日本有数の戦略ECコンサルタントが行う少人数型実践勉強会。地域の仲間とともに学び、切磋琢磨し、6ヵ月で劇的な売上UPを実現
参加お申込み お問い合わせ

 

【水上浩一EC実践会サンプルムービー】

 

【水上浩一EC実践会とは-EC水上実践会ビジョン-】

店舗・企業と人材の育成

地域でモデルケースとなりうる売上・利益・運営体制等の魅力的な店舗・企業の育成
学んだことの実践による経営者・店長等の育成を行い、実践会講師を含めた指導者等
人材を創出していく

EC水上実践会ミッション

1)価格競争(安さを売りにした販促)に依存しない店舗運営、経営
2)売上規模だけではなく、利益を重視した店舗運営、経営
3)お客様からもスタッフからも「感謝」される店舗運営、経営
4)実践会で学んだ内容の毎日の実践
5)個人ブランディングの確立とそのブラッシュアップ(内容・人格的)
6)実践会6ヶ月間で数値目標を達成する

 

 

プログラムについて

水上浩一EC実践会とは、これまで水上がコンサルティングで培ってきた
ネットショップのノウハウを成功や失敗の事例を分析して体系化し、
ノウハウの枠組みを参加店舗さまにご提供するプログラムです。

複数の店舗が参加する「グループコンサルティング」をもちいることで、
各店舗の参加費用を軽減し、かつコンサルタントによる直接の指導を受けられる、
それが「水上浩一EC実践会」の大きなメリットです。

参加店舗によりグループを作り、水上のセミナーでのノウハウの習得、
ワークによる各店舗のブラッシュアップ。

6ヶ月という期間で、CVPの作成、集客・本命商品選定、ランディングページ(PICASSOの法則)作成。
そして売上増を目指します。

このEC実践会に参加して頂くことで、ネットマーケティングやショップ運営の基本を
体系的に学んでいただき、ネットショップ成功のポイントがつかめます。

素晴らしい業績を挙げた店舗を数多く排出している、
実践型トレーニングプログラムです。

 

EC実践会がグループコンサルティングを採用している理由

個別コンサルティングとグループによるワークショップの違いをご説明してから
実践会=グループコンサルティングのメリットについてご説明いたしますと

長所

各ノウハウ・フレームワークを個別のクライアント様別にカスタマイズできるため成果が
出やすい。

短所

コンサルタントへの依存体質を作り上げてしまうおそれがある。

自分自身で考えていく力を養っていくのが難しい。

 

グループによるワークショップ

長所

1社当たりの金額負担が少ない
参加店舗同士の横の繋がりができることにより、
情報共有を行うことができる。また時には同志、時にはライバル、という
適度な緊張感をもつ非常に近しい人間関係を構築できます。

短所

各ノウハウ・フレームワークの個別カスタマイズがしにくい
成果を各社の習熟度、行動に依存してしまうとなっています。

この両方の手法の長所を活用し、短所を是正した新しい方法が
「グループコンサルティング」なのです。

 

グループコンサルティングの特徴

  • 1社当たりの負担が少ない。
  • 参加店舗同士の横の繋がりができることにより、情報共有を行うことができる。
    また時には同志、時にはライバル、という適度な緊張感をもつ非常に近しい
    人間関係を構築できる。
  • 個別のコンサルティングの場を用意しているため、
    各ノウハウ・フレームワークを個別のクライアント様別にカスタマイズできるため
    成果が出やすい。

 

参加店舗実績(一部)

  • 沖縄物産品・お土産品店舗様
    月商200万円→3ヶ月後:1095円→6ヶ月後:1450万円(7倍以上アップ)
  • 三線販売店舗様
    月商350円→7ヶ月後:月商1000円達成
  • カメラ用品店舗様
    月商220万円→月商680万円→2010年3月、4月連続月商1000万円達成!
  • ペットフード他店舗様
    実践会参加7ヶ月間連続ギネス(最高月商)更新!1200万円!
  • ファッションセレクトショップ
    月商100万円→207万円→350万円(3ヶ月目)売上350%アップ!
  • 女性用靴・ブーツ店舗様
    20万円→56万円→203万円(5ヶ月目)→225万円(6ヶ月目)売上10倍に!
  • スイーツジャンル店舗様
    月商10万円→月商100万円(5ヶ月目)
  • 工芸品ジャンル店舗様
    月商10万円→3ヶ月間連続月商100万円突破!(4ヶ月目〜6ヶ月目)
    実店舗の体験観光施設集客33年連続大幅減少→過去5年間で最高の集客、売上に!
    オフシーズンにもかかわらず、集客数が減少していません!
  • 県産品使用健康食品(単品販売)
    月商20万円→月商111万円!(2ヶ月目)値引き一切無し!

 

 

【水上浩一プロフィール】

■水上 浩一(みずかみ ひろかず)プロフィール
 株式会社ドリームエナジーコンサルティング代表取締役
 ランチェスター戦略のウェブ活用・地域活性化コンサルタント
 8月5日 東京生まれ、神奈川鎌倉育ち。

  • オープン80日で月商1100万円達成(バッグ)、
    月商200万円→3ヶ月間で月商1095万円、6ヶ月目で月商1450万円達成等(沖縄土産)、
    ランチェスター戦略の効果的なウェブマーケティング活用を得意とし、
    ジャンルを問わず短期間で劇的なネットショップの売上アップ実績多数、
    大手企業から地域活性化まで「戦略的eコマース導入→成果」を得意とする他、
    複数のIT系上場企業にて人材育成研修を担当、CS向上と業績向上を実現。
  • 2009年2月より「水上浩一EC実践会」をスタート。
    現在・沖縄・広島・浜松・秋田・東京・熊本にて開催中。
    1年半で6カ所に拡大。今後も予定地域、候補地域多数。
  • 著書に「教わる技術」(ソフトバンククリエイティブ刊)、
    「人気ネットショップ店長セキララ奮闘記」(同上)、
    「仕事は聞け!できる人は教わり上手」(アスカ出版)
    「ホームページなら小が大に勝てる! 儲かる会社 ランチェスター戦略」
    (アスキー・メディアワークス刊)
    監修に「EC水上実践会全国共通教科書」がある。

 

 

実践会カリキュラム&料金

第1回 個人ブランディング策定 目標シート

ブランディングの基本は「個人」。個人と店舗(会社)と商品との関係性が
ビジネスにおいては重要です。1回目では個人に焦点を当てます。

個人ブランディングの定義は 「その人と商品(仕事)との関係性を明確にすることで商品(仕事)への信頼感を演出する」ことです。

個人ブランディングを情報発信するためにはコンテンツ化の必要があります。それがプロフィールです。 しかもただのプロフィールではなく「共感プロフィール」である必要があります。

共感してもらうためには「共感ストーリー・フレームワーク」を理解して共感してもらえる
ストーリー展開にする必要があります。これらをすべてワークショップ形式で学びます。

またEC実践会をビジネスに最大限活用するためには「目的」「目標」設定が必要となります。
その目標設定の前提として「仕事の定義」について考察し、その上で6ヵ月間のベースとなる「目標シート」を作成します。

 

  • 売上を上げる3つの要素
  • 目標達成4つのプロセス
  • ブランディングの定義
  • 共感の定義
  • 実践の定義
  • マーケティングの定義
  • ブランディング
  • 仕事の定義
  • プロの定義
  • プロフィール
  • 共感ストーリーフレームワーク
  • 共感プロフィールのフレーム
  • プロジェクトの定義
  • 目標シートの書き方
  • 定義が重要

 

 

第2回 CVP(コア・バリュー・プロポジション)策定

ブランディングに重要な5つの要素出しを行います。
そして共感ペルソナを作成し、ベネフィットの明確化を行います。
その上で、それらを簡潔な文章にまとめたもの、CVP(コア・バリュー・プロポジション)を作成します。

3回目で差別化について検討していきますが、そのためにもまずはしっかりと
ブランディング要素を抽出していき、とにかくどんな形でもよいので文章としてまとめてみましょう。
例文を用意していますのでそれを真似してたたき台を完成させます。

同時に皆様のGoogle Analyticsにおける「来訪キーワード」の分析を行い、
ユーザーイメージのたたき台も作成します。

集客商品から本命商品、もしくは一点集中商品の設定も行います。
ブランディングの核となる重要な回です。

 

  • フレームワーク相関図
  • ユーザーイメージの定義
  • CVP(コア・バリュー・プロポジション)の定義
  • トルネードマーケティング・踊り場理論
  • ユーザーイメージ策定の4つの素材と策定方法
  • ユーザーイメージ×デバイス
  • ユーザーイメージフレームワーク
  • SWOT分析
  • 競合分析(ベンチマーキング)
  • 信頼感分析
  • ターゲット分析
  • 集客商品・本命商品設定
  • 共感ペルソナの作り方
  • CVP(コア・バリュー・プロポジション)の作成
  • CVP要素の明確化
  • CVP作成ツール
  • ツール使用例
  • CVP事例集

 

 

第3回 トップページ・商品ページに必要な要素
差別化=ポジショニング・フレームワーク

基本的に商品には手をつけず、店舗の「差別化」を行っていきます。
店舗問題解決フレームワークを学びます。その中でも特に

 

  • コンテンツ
  • コンテキスト
  • キュレーション
  • 共感

 

について掘り下げていきます。
最終的にキュレーションを行うための差別化フレームワークを用いて、
店舗の差別化を検討していきます。

その他、トップページに必要な10要素、ニーズ、ウォンツ分析、
そして共感をベースにしたライティングフレームワーク「PICASSOの法則」により
商品ページに必要な売れる文章を作成していきます。この3回目でブランディングを完成させます。

 

  • トップページに必要な10要素
  • わかりやすさとえらびやすさ
  • ニーズとウォンツ お客様の購買行動分析
  • 共感AISCEAS 3つのタイプ
  • PICASSOの法則
  • 商品ページに必要な要素 マーケティングCVP
  • 店舗問題解決フレームワーク
  • ポジショニング・フレームワーク

 

 

第4回 メールマガジン・キャッチコピーの書き方 販促企画シートの活用

メールマガジンはもう古い、と思っていませんか?
実はEC実践会で成果を上げているほとんどすべての店舗さんで
売上アップ要因の一つとして「メールマガジンの定期配信」をあげています。

メールマガジンは新規集客としてだけではなく、既存客への集客、
マインドシェアとしても有効なのです。そのメールマガジンの有効な活用の方法と簡単に作成できる方法をお伝えします。

またメールマガジンの件名作成はキャッチコピーのスキルも必要となります。
ここではキャッチコピー制作チェックリストも用意しています。

合わせて販促企画についても学びます。
販促企画の目的は2つあります。訪問動機と緊急感の演出です。

販促企画の目的をしっかり認識して、さらに月次で管理していくことが売上アップにつながります。
販促企画の管理には「販促企画シート」というツールを活用しますが、この書き方もお伝えします。

 

  • 売上アップの方程式
  • メールマガジンの特徴
  • メールマガジンを送る2つの目的
  • メールマガジンを書くときの5つの作法
  • 効果的なメールマガジン4つのポイント
  • 件名、トップ上チェックリスト
  • 書かなくてもメルマガを配信できる方法
  • 販促企画の目的
  • 月間販促企画シート
  • 売れてる販促企画フレームワーク
  • あてずっぽう経営から脱却しよう
  • 販促企画アイディアリスト

 

 

第5回 SEMマーケティング コンテンツマーケティング ソーシャルメディアマーケティング

ネットにおけるマーケティング手法としてサーチエンジン・マーケティングは避けて通れません。

サーチエンジン・マーケティング=SEMには

 

  • SEO
  • リスティング広告

 

等の要素があります。5回目ではこのSEOで重要な要素を毎回最新情報として共有します。
コンテンツ量と質はSEOにとっても重要なのですが、その理由についてもお伝え致します。

そしてコンテンツ制作に欠かせないのが「ライティングスキル」
ここではライティング講座として、文章表現についても学びます。

また商品ページのライティング・フレームワークやSEMで必須のアクセス解析ツール、
Google Analyticsの活用方法も網羅。トータル的なSEMを習得できます。

 

  • コンテンツマーケティング
  • コンテンツ有効度フレームワーク
  • マーケティングフレームワーク
  • SEMにも重要な「コンテンツ」
  • ソーシャルメディア活用 5つのポイント
  • 情報の指向性
  • 情報発信の目的
  • 7つの集客入口
  • ニーズとウォンツ別ライティング法

 

 

第6回 リピーター獲得のための接客法 クレーム対応について

リピーター獲得、ファンを作り出すためには接客のクオリティが重要です。
ネットショップやインターネットマーケティングにおける接客方法を伝授いたします。
そして通販ビジネスとネット小売りとの違いについても学んでいきます。

ネットでの接客ではメールの特性をしっかり認識することが大切です。
またメールだけではなく、ネットショップにおける同梱物の重要性もお伝えします。
納品書や受注確認メールのちっょとした違いでリピーター獲得に大きな差が出ます。

またビジネス上、どうしても避けて通ることのできない「クレーム」についても
対処法や未然に防ぐ方法を学んでいきます。

最終回ということで、その他、ソーシャルメディアにおける情報発信の注意点や
自店舗の売上の上がり、下がりを分析できるツール「外部要因・内部要因チャート」についてもお話しいたします。

 

  • リピーターの定義
  • リピート購入3つの要素
  • リピーターを作り出す接客
  • クレームの起こる原因
  • クレーム対応のポイント
  • 外部要因・内部要因チャート

 

 

■参加費用や参加方法について

期間:6ヶ月

 

初期費用:0円

 

参加費用:1社 50,000円/月額(税抜 ※毎月事前お振込

 

(6ヵ月総額で300,000円となります/売上マージン等は一切ありません)

 

 

参加費用は1社あたりの費用となりますので、
チームでの参加でも上記の価格となります
(ご参加人数に関しましては各事務局にお問い合わせください)
社内で同じテーマで会話ができ目的意識も高まりますので、ぜひチームでご参加くださいませ。

 

■ご注意

実際にサイトを運営している方・これからされる方を対象とします。
ノウハウの吸収だけを目的とされている場合はお断りさせていただく場合がございます。

 

 

【「当実践会が目指すもの」水上浩一】

ドリームエナジーコンサルティング水上 浩一です。

おかげさまで、いろいろな地域からセミナーやコンサルティングの件で
呼ばれることが多くなりました。

これは弊社が地域活性化事業を行っているから依頼が多い、という簡単なことでは
無いと思います。要因は2つ

1)地域が本当に大変になってきている  
2)地域のインターネット活用がチャンスである

(1)は現地に行けばすぐにわかります。シャッターの降りた商店街、
人通りの少なさ、そして若者の数の少なさ・・・、夜6時をすぎると全く明かりの
無い世界がそこにあります。

(2)は地域にはまだまだすばらしい商品がたくさんある、
まだそれを世の中に知らせていないだけなのだ、ということ。

たとえば島根県浜田市の「どんちっち鰺」、有名な関あじと遜色ないぐらい美味しい。

でも、これまで数百人にセミナーで尋ねたのですが、誰も知りません。知らないものはインターネットでも検索されません。なので売れにくい。ここをどうするか?がマーケティングの出番なわけです。

 

戦略無くして戦術は・・・

インターネットのマーケティングは、あくまで戦術である、
ということをお断りしなくてはなりません。

あなたのお店の本当の問題点を解決していく必要があります。

集客に特化して改善を行っても、ブランディングがしっかりしていなければ、
言葉が厳しくて恐縮ですが、
「売れないページにたくさんの集客を行う、ということは
たくさんの方々に売れない、転換率の低いページを知らしめることに」なります。

  • わかりやすさ
  • 選びやすさ

という基本的な設計が店舗になされていませんと、
そもそもユーザーはあなたのお店を理解できませんし、良さを
わかってもらえません。

しかし、そういった基本的な部分は意外と自分自身では見えにくいものです。

 

そこで、グループワークショップ

本来であれば、マンツーマンのコンサルティングを
ここでご提案するところなのですが、

正直弊社の個別コンサルティングはこれから売上を上げていこう、という
ネットショップ様にはかなりのご負担となってしまいます。

もちろん、弊社のコンサルティングは成功率の高さと短期間で売上を劇的に
アップさせるということでは自他共に定評をいただいておりますので
自信を持ってお勧めできるのですが、売上を上げる前の先行投資としては
かなりのご負担となってしまいます。

そこで、弊社の個別コンサルティングと同等の効果を上げられる
「ワークショップ」のスタイルでご提案させていただくことにいたしました。

ワークショップとは、複数の店舗様で合同の勉強会を開催し、
そこで実際に作業を行っていただき、毎回成果物をお持ち帰りいただき
弊社の戦略、戦術に関する店舗設計を行っていただく、というものです。

メリットとしては、まずなんといっても「同士」がいる、ということに尽きます。

ネットショップの運営は孤独なものです。

これはわたしが5年間のネットショップ運営の経験でよくわかっています。

あるときはライバルとして、またあるときは仲間として
叱咤激励しあう、密度の濃い時間を共有することでいろいろな相談もできる
そんな場所になることと思います。

そして参加者同士でそれぞれの店舗様の良い点、改善点を指摘しあう、
そんなことも行っていきたいと思っています。

なにより、グループワークショップということで、
1店舗様当たりの費用も格段に低く設定ができ、
しかもクオリティは月額数十万円のコンサルティングにも匹敵する、
という内容になっております。

是非、この勉強会に機会にご参加いただき、
月商の最高記録(ギネス)を更新してくださいませ。

 

 

【「現在の開催地域」】

現在・沖縄・熊本・福岡・広島・大阪・名古屋・長野(長野市、飯田市)・浜松・東京にて開催中。

「水上浩一EC実践会」は2009年沖縄から1回目がスタート。

「水上浩一EC実践会」では毎月、セミナーを通してさまざまなノウハウを学び、その学んだノウハウを自分の店舗にフィードバックし、また全参加者が参加したメーリングリストを開設し、店舗をこえた情報共有も実現してきました。

その結果、まるで伝染するかのように
日商ギネス、月商ギネスを達成する店舗が続々と生まれました。

 

 

【参加者の声】

マンションエクステリア商品ショップ様
当初の目標額の6倍の売り上げを達成、さらに昨年対比200%

このEC実践会で取り組んだCVPの作成により、これまであいまいで不確かだった自分たちの戦略を、きちんと立て直すことができました。また、このCVPとCVPを作成するにあたって実施した分析は、その後のホームページの見直し、商品の販売戦略におおいに役立っています。

また、このCVPを具体的な戦術へと落とし込む際には、各ポイントごとに丁寧な説明があり、グループディスカッションや、メーリングリスト等を通じてしっかりと学ぶ事ができました。

その他にも、講師の豊富で具体的な事例の数々からは、自分たちでは思いつかないような数々のアイデアを与えていただき、ネット販売以外にも活用できる仕事術にも出会うことができました。

なによりも、自分たちの売上が上がってきたという事実が、このEC実践会に参加した成果を明確に示してくれています。

本当に有意義なEC実践会であったと、そう感じております。
ありがとうございます。

 

輸入アクセサリー販売ショップ様
オープンしたばかりの店舗であったがオープン後2カ月目で200%を実現

社内にネットショップ担当者は私1人。
おまけにネットショップ未経験。

社内の人で相談できる人もいない状態で
自分ができることをやってみたけど
結果が出ない・・・

藁をもすがる気持ちであちらこちらの情報を集めていたとき
このEC実践会にたどりつきました。

この講座は
わかっていたつもりのことを
毎回 自分に突詰めて考えさせるものが毎回あります。

わかっていたつもりのことが
全然わかっていなかったということも多々(^^;)

実際のメルマガの書き方から、SEMの考え方、仕事術までと幅広い内容で
総じてバランスの良い講座だと思います。

参加お申込み お問い合わせ

 

【関連ページ】

ページ冒頭に戻る

(ここからサイト全体の目次。本文に戻る)

メールセミナー

数多くのネットショップを成功に導いてきたネットショップ成功の最新ノウハウや、売上UPのコンサルティング事例など現場のノウハウが満載。

詳しくはこちら

メールマガジン登録

メールアドレス (必須):

お名前 (必須):

セミナーDVD

EC水上浩一実践会ブログ

 ネットショップセミナーDVD

コンサルティング

 

ラジオ対談

Love FM(九州国際FM)Brand-new Focus!内「Weekend Web Watch」コーナー。
(2009年4月まで)

 

会社概要

会社案内

特定商取引法表記

サイトマップ

お問い合わせ